畳大好き!!

ライフスタイルが洋風化しても、私たち日本人にとって、
素足でくつろいでも、横に寝ころがっても気持ちいい、畳の感触はかけがえのないものです。
実際にさまざまなデータから、畳には人にやさしい優れた機能・効用があることが分かっています。
より快適なくつろぎ空間を畳で演出しませんか。

  • 中国伝来のものが多い中で、畳は日本固有の敷物。その歴史は「管畳八重」「皮畳八重」などお記述がある古事記にまでさかのぼります。まだ畳床などはなく、コモなどの敷物を重ねたものと推測されます。現在の畳に似た構造になったのは平安時代。板敷に座具や寝具として置くという使い方で、使う人の身分によって畳の厚さやへりの柄、色が異なりました。鎌倉時代から室町時代にかけ、書院造が生まれて、部屋全体に敷き詰める使い方に発展しました。
  • それまでは高貴な人や客人のもてなしのためのものでしたが、建物の床材として利用されるようになったのです。桃山時代さらに江戸時代に至る中で、数寄屋造や茶道が発展して普及し、徐々に町民の家にも畳が敷かれるようになりました。それでも身分による畳の制限の風習は残り、庶民が使用できるようになったのは江戸時代中期以降。畳師・畳屋と呼ばれる人々が活躍し、畳干しする家々の光景があちこちで見られるようになりました。
  • 清々しい畳を敷きつめて、凛とした趣をかもしだす純和室。日本人の心にしっくりと馴染み、来客のおもてなしの時を、そして家族のだんらんの時を和やかに演出します。障子から差し込む光に畳がいっそう美しく映えます。
  • 和の落ち着きと洋の洗練を調和させ、シックモダンな雰囲気に。モダンなインテリアの中に和の落ち着きを求めるなら、畳が主役。大きな壷やフラワーアレンジメント、間接照明などで空間を引き立てれば、よりシックな味わいのある雰囲気になります。インテリアの一部としての畳の利用が功を奏しました。
  • 畳のイメージを一新した空間で素足の心地よさを感じて。 柄や大きさなど現代の畳のタイプはさまざま。畳縁のない正方形のものは洋室にも馴染み、自然の香りと素足の心地よさを家族のくつろぎのなかで味わうことができます。グレーやパープル系など、カラー畳も登場しています。

畳の特徴

畳の特徴その1

畳床のなかの空気が、高い断熱性と保湿性を生みます。

5センチほどの厚さの畳床にはその材質に空気がしっかり詰まっています。
空気は熱を伝えにくいという性質があります。
つまり畳は冷たい空気をシャットアウトし、蓄えた熱を逃がさない羽毛布団とまったく同じ
だから温かく、ここちよいのです。

畳の特徴その2

優れた吸放湿性で高温多湿な日本の住まいにぴったり。

夏は涼しく、冬はあたたかいという畳の利点を生み出しているのは、畳表のイグサと畳床。
イグサがスポンジとなって湿気を吸収し、畳床の中の空気が湿気を放出しながら効率的に
呼吸しているわけです。畳1帖分の自然吸湿能力は約500ml。
ゆっくり湿気を吸って吐く畳は、高温多湿の日本の気候に最適な床材です。

畳の特徴その3

弾力性があり、自然の色だから心にもカラダにも馴染みます。

畳の表面(畳表)のイグサがスポンジ状の構造で空気をたくわえ、フカフカした感触を生み出し
ていきます。畳み床には空気もたっぷり。
こうした空気がクッションとなり、寝転べば心地よく、転んだときでも衝撃を和らげてくれるのです。
また畳の色は人間の皮膚に近い自然色。畳は安らぎの触感と視覚を与えてくれます。

畳の特徴その4

イグサの香りはリラックス効果抜群。空気も浄化します。

畳のすがすがしく懐かしい香りはイグサによるものですが、イグサの香りには鎮静効果があります。
また東大工学部の研究によって、イグサが人体にあまりよくない二酸化窒素を吸収する働きがある
ことが分かりました。
畳は空気を浄化しながら、私たちに森林浴と同じようなリラックス効果をもたらしてくれるのです。

畳の特徴その5

吸音・遮音性があり、足音も気になりません。

畳の部屋はほかの部屋に比べて、静けさを感じます。これは視覚的に「落ちつき」を感じるからだけ
でなく、実際にたたみ床の空気が余計な音を吸収してしまうから。
衝撃を弱くする弾力性に加え、この吸音効果があるから、畳の部屋はいつも静かで、少々乱暴に歩
いてもその振動や足音が弱まるのです。

畳の種類

住まいや生活に合わせて選べる畳の豊富なバリエーションがあります

畳の基本サイズは京間や江戸間のようにさまざまあります。(※下表を参照)
最近人気なのが、畳縁をとった畳。
更に半帖サイズにして洋間に敷き詰めるスタイルが増えてきています。

表

畳診断

畳なんでもQ&A

知ればしるほど、親しみが湧く畳。
皆様からのご質問にもお応え致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

Q : 新しい畳表に折り目や小さな穴があって気になりますが
新しい畳表には作業や梱包でついた小さい針穴や折り目が残っていることがありますがキズではありません。自然に消えますのでそのままご使用下さい。
Q : 変色してしまった畳はどうすればいいのですか?
1の水に対し約1/3の量の酢を混ぜたもので雑巾を絞り、畳を拭いてください。長い間放っておくと手遅れになりますが「変色したな」と気づいたときにすぐ対応することで、少し色を戻すことができます。
Q : 重い家具の跡が残ってしまいました。どうすればよいでしょう?
熱いお湯で絞った雑巾を家具の跡に乗せ、アイロンを掛けてください。その後、風を当ててしっかり水分を乾かします。家具を置くときは、固くて薄い板などを下に敷いておくと、跡はつきにくくなります。
Q : 新しい畳の青さを長持ちさせたいので、じゅうたんなどを敷こうと思っているのですがどうですか?
畳の上にじゅうたんなどを敷くのは、せっかくのイグサの呼吸を止めるようなもの。掃除も行き届かず、ダニやカビの原因になります。新しい畳の香りと感触を存分に味わってください。素足で歩くと、畳表にツヤも出て、生き生きとしてきます。
Q : ダニが発生した時はどうすればいい?
掃除機をこまめにかけてダニやダニのえさになるものを吸い取りましょう。またふだんから室内の換気をよくし湿気をこもらせないように。年に1、2回畳干しをするとダニ退治には効果的です。それでも気になるようでしたら、畳屋さんに相談してください。防虫加工の畳もありますし、熱処理殺菌処理でも退治できます。ただし、畳関連以外の原因で発生しているダニには効果はあまりなく、再発生する可能性もあります。
Q : カビが生えてしまった時は?
十分に日光に当てながら干してから、ブラシで丁寧にカビを落とします。さらに消毒用のアルコールを布につけて拭き取り、風通しをよくし、乾燥させればよりいっそう効果的です。
Q : タバコの焼け焦げはどうすれば目立たなくなりますか?
周囲の焦げを削り、穴を畳の色に近い木工用ボンドで固めます。透明のセロハンテープを小さく切って貼っておくといたみは広がりません。