畳の裏返し、畳の表替え、新畳、畳と素敵に付き合うお手伝いをする、頃安畳商店
トップページへ戻る
たたみ大好きのページへ
 畳の紹介
 畳の基礎知識
 畳の歴史
 畳の種類
 畳診断
 畳のお手入れ方法
 畳なんでもQ&A
 
ころやす取り扱い商品のページへ
 
たたみギャラリーのページへ
コロちゃんの健やか日記
 
畳雑貨の通信販売のページへ
 
 ・ 会社概要
 ・ 個人情報の取り扱い
 ・ サイトマップ
 ・ お問い合わせ
 
トップ > たたみ大好き > 畳の歴史
 
日本ならではの敷物、畳が貴族階級から庶民へと普及するまで
  中国伝来のものが多い中で、畳は日本固有の敷物。
  その歴史は「管畳八重」「皮畳八重」などお記述がある古事記にまでさかのぼります。
  まだ畳床などはなく、コモなどの敷物を重ねたものと推測されます。
  現在の畳に似た構造になったのは平安時代。
  板敷に座具や寝具として置くという使い方で、
  使う人の身分によって畳の厚さやへりの柄、色が異なりました。

  鎌倉時代から室町時代にかけ、書院造が生まれて、部屋全体に敷き詰める使い方に発展しました。
  それまでは高貴な人や客人のもてなしのためのものでしたが、
  建物の床材として利用されるようになったのです。
  しかしそうした使い方尾貴族や武士の富の象徴。
  桃山時代さらに江戸時代に至る中で、数寄屋造や茶道が発展して普及し、
  徐々に町民の家にも畳が敷かれるようになりました。
  それでも身分による畳の制限の風習は残り、
  庶民が使用できるようになったのは江戸時代中期以降。
  畳師・畳屋と呼ばれる人々が活躍し、畳干しする家々の光景が
  あちこちで見られるようになりました。

 
ページのトップへ戻る
 
 
会社概要  お問い合わせ  個人情報の取り扱いについて  サイトマップ 
Copyright (C) 2005 頃安畳商店. All Rights Reserved.