畳の裏返し、畳の表替え、新畳、畳と素敵に付き合うお手伝いをする、頃安畳商店
トップページへ戻る
たたみ大好きのページへ
 畳の紹介
 畳の基礎知識
 畳の歴史
 畳の種類
 畳診断
 畳のお手入れ方法
 畳なんでもQ&A
 
ころやす取り扱い商品のページへ
 
たたみギャラリーのページへ
コロちゃんの健やか日記
 
畳雑貨の通信販売のページへ
 
 ・ 会社概要
 ・ 個人情報の取り扱い
 ・ サイトマップ
 ・ お問い合わせ
トップ > たたみ大好き > 畳の種類
 
畳の種類
住まいや生活に合わせて選べる畳の豊富なバリエーション
畳の基本サイズは京間や江戸間のようにさまざまあります。(※下表を参照)
最近人気なのが、畳縁をとった畳。
更に半帖サイズにして洋間に敷き詰めるスタイルが増えてきています。
 
区分
名称
概要








 京間(本間)  95.5×191.0×5.5cm
 主に近畿・中国・四国・九州で使用
 中京間(三六間)  91.0×182.0×5.5cm
 主に愛知・岐阜・三重で使用
 関東間(五八間)
 江戸間・田舎間とも
 88.0×176.0×5.5(または6.0)cm
 主に静岡以北で使用
 団地間(五六間)  五八間より小さい。
 一定の基準はないが85×170cmくらい
 
畳床の種類は大別すると3種類。
稲ワラのほかに工場生産による木質系のインシュレーションボードやプラスチック系のポリエチレン
フォームを素材にした各種畳床があり、住まいの条件や用途に合わせて選べます。
 
畳表は経糸の素材別に麻経糸表、綿経糸表、特殊表があり、またイグサの品質や本数によっても
種類があります。さらに最近では、ポリプロピレンなどの化学繊維や、
和紙などを使った畳表も登場しており、これら素材によって価格もさまざまです。
 
畳縁の種類
色使いや伝統の模様で、畳の表情を引き締める。
畳縁の素材には、絹・麻・木綿・化学繊維などがあり
これらを用いて、地紋(じもん)を織り込んだ紋縁、模様
を織り込んだ柄縁、単色の無地縁などがあります。
 
畳縁イメージ
 
進化する畳表
空間の雰囲気を微妙に変える畳表の色調。
時代とともに変化する畳表。
普通の座敷にも使えるさまざまな色調の畳表が揃っています。
白っぽいものは空間を明るく演出。
赤みを帯びたものはあたたかみを感じさせ、黄味を帯びたものは壁との調和感をもたらします。
 
畳縁イメージ
 
ページのトップへ戻る
 
 
会社概要  お問い合わせ  個人情報の取り扱いについて  サイトマップ 
Copyright (C) 2005 頃安畳商店. All Rights Reserved.